太陽が顔を覗かせると光が差し込み、月が輝きだすと静寂に包まれる。
 
周りを見渡せば草木や花が季節に応じて様々な姿に形を変え、見上げればどこまでも空が広がっている。
 
街には便利な道具があふれ、世の中の波を生み出している。
 
家族、友達、恋人、たくさんの人と出逢って日々を共に過ごす。
 
これらがいつの頃からか「あたりまえ」と呼ばれるようになっていった。
 
だけど、そこには目には見えない大切なものがたくさん詰まっている。
 
それをほとんどの人は無くなってから意識するのかもしれない。
 
だから写真に収めておけば、無くなったあともずっとそばに残しておける。
 
ぼんやりとした記憶ではなく、鮮明な記録として。
 
そのことをみんなに伝えたい。
 
だから真実を写しています。